双美おばあちゃんの味噌話。
by futamiso
↓ギフトご注文はこちら↓
ファックス注文用紙


佐藤双美
〒878-0155大分県竹田市大字志土知113
TEL/FAX 0974-66-2505


たけた食育ツーリズム
以前の記事
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
暑い夏 我が家では昔から、冷や汁として食べています。
冷や汁の食べ方

材料   味噌玉1個、トマト1/4、きゆうり1/8、青じそ少々、ごま等
作り方  (1)トマト、きゅうりをうすくスライスし、青じそは腺きりにする。
      (2)お椀の中に味噌玉1個と(1)を入れる。
      (3)(2)の中に氷5個位と水をいれ、味噌玉を溶いて冷たくしていただく。
                               ” 1度お召しあがり下さい。”

[PR]
by futamiso | 2009-06-30 22:29
冷や汁
f0206661_21474737.jpg

夏の暑い時おいしいです。
[PR]
by futamiso | 2009-06-30 21:47
最近の我が家
我が家には1ヶ月間、29歳の息子(県の職員)が家族に加わっている。
志土知の農業法人の農作業と農家生活の実習、体験が目的である。
彼は体格はいいのだが、おだやかな性格で私は実の子供と変わらず、言うこともすることも接している。
夫と共に暑い中、出て行く姿に「気をつけて、がんばって、」と見送る。
考えて見ると我が地域に彼と共に農作業する若い人がいないことに、これでいいのだろうかとつくづく思う。
今回、私もいろいろ教わった。農業のこと、ブログのこと、メールのこと、携帯電話のことなど・・いいときに来てくれていい時を持たせてくれたと感じている。
日本各地に志土知のような中山間地がいっぱいある。
農地や環境を守っている我々の立場を理解し、若い人から見たこれからの農村のあり方を考え指導してもらいたいと思う。
あと2日で巣立っていく。1ヶ月長いと思っていたが短い。
[PR]
by futamiso | 2009-06-23 14:17
家の前の風景
f0206661_2121336.jpg

祖母山に雲がかかってます。
[PR]
by futamiso | 2009-06-20 21:21
きょう 思うこと
今 あじさいの花がきれい
畑のまわりにわは、よもぎ、すぎな、どくだみ、おおばこ等がいきいきとしている。
花や野草をみていると、人は自然のなかで生かされていると思う。

むかしのことわざの中に味噌がでてくる。
「医者にお金を払うよりも、みそ屋に払え」
「麦めし味噌で」
「てまえ味噌」
むかしから身近な、奥深い、大切なものだとあらためて思う。
[PR]
by futamiso | 2009-06-11 23:23
麦の収穫
f0206661_20583219.jpg

天気の合間をみて味噌に使うはだか麦の収穫です。
[PR]
by futamiso | 2009-06-07 20:58
福岡から取材
f0206661_23195493.jpg

福岡のRKBが取材に来ました。多くの方々の思いと共に、味噌玉が生まれ変わりました。
[PR]
by futamiso | 2009-06-06 23:19